後戻りできない

イメージとの違い

アダルト動画に出演した人の話を体験談として紹介していきたいと思います。すべての人が当てはまる話ではないですが、こういった話もあったということを覚えておいてほしいと思います。できることならば出演するのを思いとどまってほしいと思います。

20歳で専門学校を卒業して就職したはいいがどうしてもつまらない仕事なのに毎日残業があって行ったり来たりの毎日で辛い毎日を送っていました。何のために働いていいのかわからないまま過ごしていたのですが、そんなときに街角でスカウトマンに声をかけられて思わず聞いてしまいました。普段だったら話を無視するのですが休みのに何か刺激がほしいと思っていて足を止めたのかどうか分かりませんが、スカウトマンに話を聞いたらavのスカウトだということです。

もちろん出る気は最初はなかったのですが、夜の仕事から始めてみないということでキャバクラなどを勧められたりしたのですが、仕事も忙しいから無理ということで断っていたのですが、徐々に話を聞いてみると興味が湧いてきました。

そこで一回だけ出演してみない?もちろん男優はかっこいい人を用意すると言われてちょっとお小遣い稼ぎで出てみようと思ったのがこの世界に触れるキッカケとなりました。

出演した時はかなり後悔をしてその日は家に帰って泣いていたのを覚えていますがそのあとに入ってきた収入を見て自分が一カ月一生懸命残業して稼いだお金が手に入ってしまったのを見てなんだか今の仕事をしているのがむなしく感じてしまってだったらこっちの世界でやっていこうという思いが強くなりアダルト業界に入りました。

そこからは一気に稼いでやろうという思いが強くなってきました。新しく入ってくる女性に負けないように多少なりともハードな仕事も引き受けていたので一年ぐらいはかなり収入がたくさん入ってきて豪遊していました。

しかし、あまり出演する依頼もなくなって出演料金もどんどん値下がりしているときに自分の体が日常でも支障をきたしてしまうぐらいになっていることに気づいてもう引き返せないところにまで来てしまったことを知りました。

今は激しく出たことを後悔しております。一時のお金でこれから先何十年も大変な思いをしなくてはいけないと思ったら後悔が止まりません。