男らしい体になりたいな筋トレをしろ

男も羨まむ肉体へ


体を鍛えれば自信に繋がる

男たるものかっこよく筋肉で引き締まった身体を目指したいと思います。

太っている人はまずは全身運動をして身体を引き締めることが大事ですが、ただランニングをしただけではかっこいいスタイルにはなれません。

やはり男性の場合は筋トレをしないと引き締まった身体にはならないのです。

細い身体ではなくて引き締まった身体を目指しましょう。

ただし、筋トレって何から始めればいいのか分からないという人も多いと思いますのでここでは2つの筋トレと素人は手を出さないほうがいい筋トレを紹介します。

まず最初に一番最初にはじめがちなのが腹筋ですが、実は最初は腹筋からスタートしないほうがいいです。

腹筋と言うのは基本的に筋肉量が少なく、そして元々6つか8つに割れています。

つまり身体が引き締まってきたら自然と割れた腹筋が浮き出てくるものです。

腹筋を大きくしようと思ったらかなり大変なのでまず最初は手を出さないである程度筋肉が隆起してきたら腹筋を始めるようにしましょう。

最初に身体を引き締めたいと思ったらすべきことはスクワットです。スクワットは全身の筋トレの中でもっとも大きな筋肉を効率よく無駄なく鍛えることが出来ます。

スクワットは基本中の基本であり、これだけを徹底的に行うだけでも引き締まった身体になることが出来ます。

全身の7割の筋肉が足にはあると言われています。

ですからまず最初はスクワットを行いましょう。

ここで1つ筋トレをする上で大事な点として回数ではなくてフォームを意識するということです。

回数をこなそうとすると1回1回が雑になってしまいます。

1セット大体10回から15回で良いのでインターバルを含めて3セット行うようにしましょう。インターバルは大体1分間隔で行いましょう。

スクワットは正しいフォームで行うことを意識してください。

もう1つやっておきたい筋トレとして腕立て伏せがあります。

これは大胸筋を鍛えることが出来、上半身の中で最も大きな筋肉なります。

これも同じようにフォームを意識して1セット10から15回の3セットを行いましょう。

回数はいりません。正しいフォームでやればかなりの負荷となります。

この2つだけをまずは行うようにしましょう。

筋トレをしていき1ヶ月もやっていけば身体は見る見る変わっていきますからもっと色々な部位を個別に鍛えたいと思ったら本格的に調べて行いましょう。

効率のいい方法としてまずはスクワットと腕立ての2つからはじめてみてください。

サイトメニュー

  • 自分が健康かどうかまずはチェック
  • 将来への不安!ハゲない予防対策
  • 太っている人は有酸素運動が大事
  • 流行の糖質制限って本当に痩せるの?
  • 食生活を変えるだけで全然肌が変わる
  • 見た目を思いっきり変えれば世界が変わる
  • 妊活をしている人はストレスを溜め込まない
  • 夜の性生活に不満を持つのは男女である
  • 男らしい体になりたいな筋トレをしろ
  • 早寝早起きをするだけで健康になれる
ページのトップへ戻る