夜の性生活に不満を持つのは男女である

パートナーとの深い信頼関係が必要


時には大胆になろう

日本というのはどうしても性に対して閉鎖的と言うかタブー視されているように思えます。

もちろん思春期とか多感の時期にはある程度、若者の性の乱れが懸念されるのである程度閉鎖的になるのは仕方ないかもしれませんが、20歳を越えて自分で物事を考えられる年齢になったら性に対して開放的になっても良いと思います。

性に対してだらしなくなるのと開放的になるのはもちろん違いますので勘違いはしないで欲しいのですが、例えば夫婦間やカップルでもっと色々と性行為に対して色々なアプローチをしていったほうがいいのではないかと思うのです。

例えばいつも同じような性行為をしていたら当然マンネリもしてしまいますよね。もっと夫婦で色々と性に対して研究をしていくのもありだと言えます。

例えば欧米諸国なんかでは1つのスポーツのような感覚の国もあり、夫婦であぁでもないこうでもないとお互いの良いところや足りないところを話し合ったりするそうです。

性行為と言うのはお互い大好きと言う感情があって初めて成立するものですよね。

大好きな相手だからこそもっと気持ちよくなって欲しいという気持ちもあると思います。だからこそもっとお互いに話し合うのです。

例えば今ならばアダルトグッズなども豊富にあります。

アダルトグッズと言うのは気持ちをよくするためだけに開発されているものですから、絶対に使用すべきものなんです。

またソフトSMなどでちょっと目隠しをしたり、軽く縛っただけで全然興奮度も変わってきます。

もちろんお互いの了承を得て初めて成り立つわけですからお互いに深い信頼関係がないと成り立たないものです。

夫婦間ではただ漫然と性行為をしているだけでおざなりでしている人がいます。

それでは正直勿体無いのです。

特に女性に関しては男性の何倍も深い快楽があるわけです。

愛する女性に気持ちよくなって欲しいと思ったら自分本位のテクニックではなくてもっと性に対して探究心を求めるようにしましょう。

例えばいつも家でしか性行為をしていないのであれば旅行に行って旅行先でHをしてみるのもいいでしょう。

しかし、AVなどの真似事をするのは絶対に止めましょう。

女優はあくまでも見ている側を興奮させるために演技をしているので真に受けないようにしましょう。

また女性も時には大胆に男性に迫ってみましょう。恥ずかしくて自分からは言えないという人もいるでしょう。

それでも男性はむしろこうしてくれたほうが気持ちいいとかここが気持ち良いといってくれたほうが実は助かる部分もあるのです。

お互いに気恥ずかしいかもしれませんが、話し合いをすることで結果的に今までよりもよりお互いの信頼関係が強く太くなるのです。

サイトメニュー

  • 自分が健康かどうかまずはチェック
  • 将来への不安!ハゲない予防対策
  • 太っている人は有酸素運動が大事
  • 流行の糖質制限って本当に痩せるの?
  • 食生活を変えるだけで全然肌が変わる
  • 見た目を思いっきり変えれば世界が変わる
  • 妊活をしている人はストレスを溜め込まない
  • 夜の性生活に不満を持つのは男女である
  • 男らしい体になりたいな筋トレをしろ
  • 早寝早起きをするだけで健康になれる
ページのトップへ戻る